買い物TOKYO

アラサー男子が買い物したり、節約したり、なんやかんや楽しいことを模索するブログです(仮)

「とても優秀な方に見えた」といきなり声を掛けられた話

声を掛けられた

会議で少し遅くなった会社の帰り、品川駅の人混みを歩いてたら1人の男の人に突然声を掛けられました。

「とても優秀そうな方に見えたので声を掛けさせてもらいました。優秀な人材を探していて、私の話を聞いてもらって気に入ってもらえたら一緒に働いて欲しい」

って言うんです、いきなり。初対面の僕に。初対面どころか僕はただの通行人です、対面すらしてません。

プルデンシャルって知ってますか?

あーどうせそういう切り口で話しかけて結局保険とかなんかの勧誘だろうと足を止めずに適当に受け答えしてたんですが、私の横を歩きながら男の人は続けます。
「プルデンシャルって知ってますか?」

知ってる、知ってます。プルデンシャル生命。大学時代の友人が実際に働いてるのでよく知っていました。友人は大学卒業してからほとんど連絡もとってないし、もともとそんなに深い付き合いはなかったので、今もSNS開いた時に、軽く見るくらいです。ただ、その友人のSNSは他の人たちとちょっと雰囲気が違っていて、基本的には仕事であげた成果が書かれておりどうやら年間を通して休日というものが基本的にはない様子でした。たまに(会社の式典で)ハワイに行きました!とか高級外車を買いました!とか書かれていて、まあ華やかな面もありました。詳しいことはわかりませんが、完全歩合制の世界で、とにかく保険の契約を取っていく仕事らしいです。友人はたぶん体力の続く限り延々とアポイントメントと契約を取り続けているんだと思います。
20代後半にして相当に稼いでるんでしょうけど、まー僕には無理です。休みはなによりも大事(笑)

と言った具合に、外資系金融機関らしいフルコミット完全歩合制の世界なのでメリット/デメリットいろいろあるんでしょうけど、自分の性格には合わないってことをよく知ってました。

で、声を掛けて来た男の人は、優秀な方はどんどん稼げる会社なので是非話を聞いて欲しい、あなたのような優秀な方と一緒に働きたいと横を歩きながら続けます。が、時刻はもう22時前です。帰りたい、なによりも帰りたい(笑)。丁重にお断りしておきました。

不思議なことに気付いた

で、あとあとよく考えてみたんですが、『優秀な人はバリバリ稼げる会社』の優秀な社員さんが、なぜ平日の夜22時に品川駅で必死に駆けずり回って人材探しをしてるんでしょうか?不思議ですね。

 

おまけ:ひつこい勧誘を断る方法

余談ですが、この手の勧誘を断る時は「すみませんが、興味がありません。お兄さん/お姉さん(相手)にとって僕は全く見込みのない案件だから、お兄さんの貴重な時間のためにも他を当たられた方がイイと思いますよ!」って言うと一瞬で諦めてくれます。彼らは何よりも効率を重視しますからね。何人声掛けて何人獲得したか、って。誰も傷つけない断り方、機会があればお試し下さい(笑)

 

間違いだらけの「優秀な人材」選び

間違いだらけの「優秀な人材」選び